古い英語と英単語をゲームで学ぶ(FFTWOTL – Chapter 4)

Final Fantasy Tactics: Saint Ajora 英語をゲームで学ぼう

ファイナルファンタジータクティクス獅子戦争で使われている古英語っぽい表現をご紹介しています。

このブログは「続きの記事」になります。

最初の内容から興味のある方は【 Prologue 】からどうぞ。

ファイナルファンタジータクティクス獅子戦争の各章

【 Prologue 

【 Chapter 1 – The Meager / 持たざる者 

【 Chapter 2 – The Manipulative and the Subservient / 利用する者される者 

【 Chapter 3 – The Valiant / 偽らざる者 

【 Chapter 4 – In the Name of Love / 愛にすべてを 

この記事です 

古英語と英単語のご紹介

would that( that 省略可)

“Orlandeau: when you know who your enemies are, but this…ha! Would my good name were our only casualty.”

『オルランドゥ伯「味方が味方の監視をしながらでないと戦えんほどだ。わしの名も地に墜ちたものだな、はっはっはっ。』

仮定法・叙想法(subjunctive mood)の文語表現である would that SV の that の省略です。

接続詞 that のあとが “my good name were” になっていることがポイントです。

動詞の形が「were」になっているので「現在の反事実(仮定法過去)」の意味になります。

動詞の原形をつかった場合は「まだ事実ではない」という「未来のこと」を含めた意味を持ちます。

しかし過去形になると「現在の事実ではないこと(反事実 counterfactual)など」を意味します。

仮定法・叙想法(subjunctive mood)の場合は「動詞の形」に注意して下さい。

さて会話の英文の前半部の意味は、そこから前の会話の流れを受けて「(以前の戦争は外敵に対する防衛戦だったのに対し、今回は内戦なので)敵味方が明白な時でも(戦は大変なのに)、今回は・・・」となります。

後半の意味はこうなります。

  • Would my good name were our only casualty.
  • 我が武名に傷がついたことだけが代償であればよいのだが・・・(それだけでは収まっていないだろう ≒ 反事実)

敬称 His Holiness

“Templar: And now you will die! Not by any order of His Holiness. I do this for Isilud!”

『神殿騎士メリアドール「フューネラル教皇猊下の命令ではなく死んでいった弟のためにあなたを討つッ!!』

現実世界だと His/Your Holiness はローマ教皇(Pope)の敬称になります。あとは Holy Father という場合もあります。

教皇は英語だと「Pope(Papa 父)」中国では「教宗」と呼ばれます。

ちなみに「教皇」は日本のカトリック教会が長らく使用を希望していた用語で、メディアなどでも「法王」からの変更されることになりました。

ちなみに「法王」は「仏教のトップ」を表す言葉で、長い間「教皇」と「法王」の呼称はどちらがよいか割れていたようです。

ちなみに「天皇・上皇」が仏門に入り、出家すると呼ばれると「法皇」と呼ばれます。

So be it

“Delita: My choice is made. If it means I must slay each of you to the manso be it!”

『騎士ディリータ「わかっている! だから、貴様たちを皆殺しにしようとしているんだよ!』

動詞の原形を使った仮定法・叙想法(subjunctive mood)です。

古い表現ではあるものの、今でもイディオム的によく使われる表現です。

英文法書では「仮定法」と呼ばれますが、動詞の過去形や過去完了を使う「仮定法」とは区別が必要です。

過去形や過去完了をつかう仮定法では「もう事実であることに対しての想定」が発動します。

しかし仮定法の形は「反事実」でなくても使うことができます。

もともと仮定法は「願望法・祈願法 optative mood」など呼ばれる「想定を表現する形」から派生しています。

これから事実になるかもしれないことを「想定」する場合は「動詞の原形」を使います。

これは「命令法」で動詞の原形を使うのも同じ理由です。

so be it” が現代で使われる意味は「(ことの是非は別として、そうなるならば)それでいい」という感じです。

歴史的には howbeit とか sobeit(連結して一語) もあります。今でも比較的よく使われているのは albeit です。

昔の英語は語順の決まりがゆるかったので “It be so(それはそのように存在せよ)” と捉えてよいと思います。 

英文は「皆殺しにせねばらんというのであれば、そうするまで!」ぐらいの感じです。

ちなみに to the man はどう調べてもわかりませんでした。

そこでカナダ人の友達に尋ねたら「確かに文法はすこし変だよね。意味はたぶん to the (last) man だと思う」と教えてもらいました。

なるほど!「最後のひとりまで」ってことですか!さすがは英語ネイティブ!

前置詞 amidst

“Barich: Amidst the coming chaos, who could say how Duke Larg might meet his end?”

『神殿騎士バルク「毒による混乱のおかげでラーグ公を暗殺する方が簡単だろうな。』

前置詞 amid と同じで「~の最中に、~の真ん中に」という意味です。

ただ意味は同じでもニュアンスは文語調になります。

among も同様に amongst という表現があります。

名詞 apothecary

“Zalbaag: Excellency, are you harmed? Someone! Summon an apothecary at once!”

『聖将軍ザルバッグ「閣下、大丈夫ですか!!誰かッ! 薬師を呼べッ!!』

薬屋」を意味する古語。

ちなみにFFシリーズを通して出てくる「職業」の「アイテム士」や「薬士」は Chemist となっています。

twain

“Larg: My head…it is as though it were split in twain. But I do not think it serious. I just need…some time.”

『ラーグ公「…頭が割れそうだ。胸がムカムカする……。だが、大丈夫だ……。しばらくすれば…、気分もよくなるだろう……。』

two(2)」の古いスペリング。2は two だと思い込んでるところにこれですから・・・。 

ただ two は too や to と発音が同じなので、リスニングは文法や文脈を理解し、よくいう言い回しになれておかないと痛い目を見ます。

  • two too many(2つ多すぎる)
  • ten to two(2時10分前) 

早口言葉でも  “I have two fish but I have to fish…” のような出だしの物があります。

そう考えると個人見解ではありますが two は twain でもいいかな?と思います。

far be it from me to do

“Elmdore: But far be it from me to turn away the one Beoulve to grace us with his presence!”

『エルムドア侯爵「貴様もこの墓地で朽ち果てるがいい!』

動詞の原形 be をつかった仮定法・叙想法(subjunctive mood)です。

am / are / is は原則「事実」を意味する「直説法 indicative mood」になります。

ここで be もしくはより現代に近い should be になることで「非事実 irrealis」になり、事実や真実でないものを示すことになります。

これが「非現実 irrealis(反事実・推量・想像)の本質です。

現代ではイディオム的に使われて “far be it from me to do” 「~することは私の真意ではない」 となります。

私の真意とは遠い」⇒「(そう見える可能性は大いにあるが)そういう意図ではない

原文は倒置になっているので語順を戻しますと・・。。

It (should) be far from me to do ~” となり、仮主語の it と真主語の to do で構成されています。

ただ Google で調べた限りでは “far be it ~” の形でほぼ固定されて使われているようです。

ところで、お分かりのように英語は日本語とかなり違っています。英文は・・・

“Elmdore: But far be it from me to turn away the one Beoulve to grace us with his presence!”

あの(高貴なる)ベオルブ家の人間が(この戦いに)自ら花を添えようというのだ、この栄誉を無下にすることなど私にできようか(いや、できまい)!

と、いう感じでしょうか。英語のほうが断然、雰囲気が出ています。

動詞 mislike

“Ramza: I mislike this. There is something familiar – yes. The battle with Cúchulainn, with Belias…”

『剣士ラムザ「……嫌な雰囲気がする。この気配は……、そうだ、キュクレインやベリアスと対峙したときのあれだ……。』

mislike は「dislike キライ」の古い言い方です。

現在完了 my patience is grown thin

“Folmarv: Refuse, and she dies ere the word leaves your lips.  Are we of an understanding? My patience is grown thin.”

『神殿騎士ヴォルマルフ「言っておくが、貴様はこの要求を拒絶することはできん…。渡さぬときは妹の命はないと思え。さあ、私の言葉を理解したならさっさと渡してもらおうか…。』

前述した “I am come.” と同じで、自動詞の完了形は「be動詞+過去分詞」で表現します。

grow は SVC の第二文型をとりますが「目的語がない」ので「自動詞」扱いになります(厳密には「不完全自動詞」と呼ばれます)。

今回の意味だと現代では “My patience has grown thin. が一般的です。

Had I but

“Ultima: Had I but…more power…”

『聖天使アルテマ「モット……チカラヲ………』

スクリプト全体を通してよくみる 副詞 but を only と同じように使うものです。

“Had I” の部分は仮定法・叙想法 subjunctive moodです。

倒置を元に戻すと “If I had but (≒ only) more power.” になります。

語順はともかく、意味としては現代でも使うように “If only ~” で「~であったならば・・・」という後悔・無念の表現だと思います。

倒置に関しては、現代でも似たような表現は残っていて、「have + 過去分詞のペア」で if の省略の時に運用するのが通例です。

  • (倒置前) If I had done/been ~
  • (倒置後) Had I done/been ~

これはラスボスの最後のセリフです。これでエンディングへ!

オリジナルとリメイクの英訳の比較もおもしろい

日本語版のスクリプトには変化がありませんが、英語版はかなり変わっています。

この方のブログ(英語)では Chapter 1 だけですが、2つのスクリプトを比較してコメントを書いています。

dekaja | [ final fantasy tactics ] side-by-side script comparison, chapter 1.

なかなかスルドイ指摘があって笑ってしまうものもたくさんあります。

英語を読むのが苦にならない方は、読まれてみるのはいかがでしょうか?

難しい英文を読むと成長できる

ゲームでも聖書でも難しい英文を読むと、意表を突かれてしまいます。

でもその分だけ、文構造や品詞に対して感性が研ぎ澄まされていきます。

日本の英語参考書だとイディオム扱いになっているものでも、原理を見抜くことにもつながります。

Copied title and URL