中学生(高校受験・基礎英語)

中学英語の学習方針

あるま・まーたでは「大人になって使える英語の基礎」を中学レベルで徹底的に育てていきます。

日本の中学英語の内容は学習指導要領によってバラバラになっているものが多くあります。

そのため全体的な仕組みの理解や応用レベルへのつながりが見えにくくなっています。

「英語の仕組み」そのものはしっかりとしているので、英語圏の英文法を基準として解説を行っていきます。

中学時点から本質的な理解を積み上げられるように文法解説はすべてオリジナル教材で対応いたします。

中学生から本格的に英語に触れる子がほとんどだからこそ、大人になっても通用する「本質的な基礎力」を身に着けてもらいます。

英単語とイディオム

中学レベルでは単語とイディオムを含めて2000語を目標にしています。

学校では主に「some = いくつか」のように一つしか意味を教えませんが、some にはもっと大きく広い意味があります。

テストでは「いくつか」で点数が取れても現実の英語では丸暗記は通用しません。

このような特に重要な単語については意味だけでなく、イメージを重視した理解ができるように教材を作っています。

また学校では英単語の種類である「品詞(名詞や形容詞など)」はあまり詳しく解説されません。

しかし英単語の品詞にはそれぞれ明確な使用ルールが設定されています。

品詞の使用ルールがわからないと正確に英語をアウトプットできなくなります。

大人になって英語を実際に使うときに自信をもてる英単語の理解の基本を身に着けていきます。

英文法

中学英語の文法解説は学習指導要領に準拠するためツギハギが多くあります。

また「現在進行形」や「未来形」のような英語の英文法に存在しない用語がさらなる混乱を引き起こしています。

中学生の場合、文法用語の正確な意味を知らないままワークや教科書を読んでいるケースがほとんどです。

実際に例を挙げると「動詞のING形」があります。 

  • 進行形(中1)
  • 動名詞(中2)
  • 現在分詞(中3)
  • 分詞構文(高1)

これらはすべて動詞のING形ですので、見た目だけでは見分けることができません。

さらに学年ごとにバラバラに学習するので、多くの生徒さんは混乱しています。

このような「見た目が同じ」ものを一気にまとめて「動詞のING形」として学習します。

一番大切なのは「ネイティブはINGをどのように見分け、理解しているのか?」を正確に理解することです。

そして「統語論文法(Syntax)」の視点からすべて英語の語順で理解できるアプローチをお伝えします。

統語論文法は「システム・ルール重視の英文法解釈」であり、日本でひろがっている「和訳重視の英文法」とは大きく異なるアプローチになります。

英語には形は同じだけど意味や使い方が異なる「多義語」が多く存在します。

この多義語ような丸暗記では通用しない仕組みを「統語論文法(Syntax)」によって見極めることが可能になります。

英語発音

母音・子音についてはアメリカ・イギリス発音の両方を音声アプリも使用して比較しながら練習します。日本語にあまりでてこないに出てこない「リエゾン・リダクション・フラッピング」と呼ばれる「つながる発音」や「さぼられる音」が起きる理由も的確に説明します。

英文を読む練習をこなす際に文章を発声してもらうので、その際に文章の流れに乗って発音できるように随時指導します。 

英文読解

英語の基本となる文法を理解し、英語ネイティブの自然な表現まで応用できるレベルまでもっていきます。英語発音のトレーニングを兼ねて文章を読み上げて、英語の語順通りに和訳する練習がメインなります。

文法的にしっかり分析できないと読み間違えたり、文脈や会話の流れをとらえないと誤解してしまう内容を集中的に鍛えるので、丸暗記がどれほど通用しないかを実感することで成長につなげていきます。

また英文には格言やネイティブが会話でつかうユニークな表現も多く用意しています。読みながら英語の世界観をつかむのに役立つように配慮しています。

中学英語のやりなおし

中学で習う英語は英語力の基本になっています。しかし「基本」と言いながら、カンタンな例文の丸暗記や穴埋め、並びかえ問題ばかりが課題になっているのが日本の英語教育の現状です。

高校レベル以上になると「基本の応用」が大きな割合を占めてくるため「丸暗記」では対応できません。

中学英語であって「助動詞」や「不定詞」といった文法用語は必ず出会うことになります。

これらの文法用語にはしっかりとした意味があります。

しかし日本語の英文法用語は英語の英文法用語とは乖離した使い方や解説が広がってしまっています。

英語の英文法用語を基準とした解説を行い、正確に英文法を理解できるようにします。

あるま・まーたの英文法は中学レベルから「ルール・システム重視」の視点で「統語論文法(Syntax)」を教えます。

「統語論文法」によって中学の丸暗記が通用しないネイティブレベルの応用表現まで自由自在に英語を運用できる土台を作ります。

もちろん単語やイディオムも語源や生まれた経緯など「なぜこのような表現があるのか?」といった深い疑問に答える形で、英語の世界観そのものを広げていくサポートをさせていただきます。

『学校や塾の英語がつまらない』

『学校や塾の課題だけやっていてもどうせ英語はできるようにならない』

こんな不安や疑問をお持ちの方はぜひ180度違う視点で英語に取り組んでみませんか? 

視点を切り替えるだけで「英語が見せてくれる大きな世界観」に驚かれるとおもいますので、一緒にぜひチャレンジしてみましょう!

高校生社会人英語の学び方無料体験レッスン

【 サイト情報 】

志塾あるま・まーた

〒657-0011 兵庫県神戸市灘区鶴甲3丁目9番3号

Phone: 090-1488-7492

Email: almamater.sjk@gmail.com

Open Hours: 10:30~21:50(土日休み)

志塾あるま・まーた
Copied title and URL