過去分詞の意味と品詞:受動態と完了相をもつ形容詞

Phrase-past-participle 英文法の仕組み

英語の「過去分詞」に戸惑ったことはないでしょうか?

  • be + 過去分詞 ⇒ 受動態
  • have + 過去分詞 ⇒ 現在完了

よくみるのはこの2パターンですが「過去時制」とは関係ありません。

「受動態」と「現在完了」では意味が全然違うように見えます。

さらに「現在完了」は「過去」との違いがわかりにくいです。

おそらく英文法の中でも、一番、本質をとらえにくいのが「過去分詞」だと思います。

過去分詞は「have のあり・なし」を分けることで一気に本質が見えてきます。

現在完了 “have + 過去分詞” は例外ルール

まず過去分詞の正体を知るための前提条件があります。

【 区別する基準 】 

・過去分詞が have とペアになっているか?

  • (例)I have used it.
  • (例)I am used.

過去分詞を見切るのに必要な知識はhave のあり・なしだけです。

  • have なし「単独用法:受身・完了の形容詞」
  • have あり「連携用法:完了の動詞」

過去分詞はこの2つのパターンで運用が大きく変わります。 

① have なし(単独用法)

  • My job is done.
  • 私の仕事は = 終わらせられた(完了した)
  1. 意味:受身と完了 
  2. 品詞:形容詞 

② have あり(連携用法)  

  • have done my job.
  • 私は 終わらせた 自分の仕事を
  1. 意味:完了のみ
  2. 品詞:have とペアで1つの「動詞」

ここで「have + 過去分詞 の例外ルールが生まれた話」はこちら。

ここからは「基本ルールの過去分詞(have なし)」に話を進めます。

過去分詞は「完了相」と「受動態」の形容詞

過去分詞で重要なポイントは4点あります。 

  • 時制:なし / 該当しない(Not Applicable)
  • 品詞:形容詞(Adjective)
  • 相:完了相(Perfect Aspect)
  • 態:受動態(Passive Voice) 

過去分詞は「過去」とは関係ありません。

分詞 participle」は「動詞が変化した形容詞」という意味です。

過去分詞は誤解を招きやすい名前をしています。

まずは「過去分詞」の意味を用語から理解したい方はこちらをご覧ください。

過去分詞とおなじく現在分詞の意味も確認をお願いします。

「過去」と「完了」の違いは「相 aspect」でわかる

過去分詞の意味は「過去 past」ではありません。

過去分詞の意味は「完了 perfect」です。

英文法における「過去」と「完了」は一見よくにています。

  • 過去 Past: 過去に起こったこと
  • 完了 Perfect:もうすでに実現したこと

この2つは似ているようにみえますが「文法のカテゴリーが違う」んです。

【 過去と完了の区別 】

  • 過去 Past ⇒「時制 tense」のカテゴリー
  • 完了 Perfect ⇒「相 aspect」のカテゴリー

日本であまりみない「相 aspect」は「行動の進行度(0~100%)を表す文法用語です。

では「時制」と「相」の違いを確認します。

時制 tense

・行動の「」を表す

  • 「過去 past」
  • 「現在 present」
  • 「未来時制なし」 

*厳密には英語に未来時制は存在しません。

相 aspect

・行動の「進行度(0~100%)」を表す

  • 「未然 prospective」 やる予定(まだやっていない)
  • 「進行 progressive」 やっている(まだおわっていない)
  • 「完了 perfect」 やりおえている(いつ終えたかは関係ない)

これを図で表現してみます。

英語の「時制 Tense」と「相 Aspect」を動詞と動詞の変化形で表す

英文法でよく見る「○○形」とは「時制+相」で組み合わせです。

  • 「現在時制 + 未然相」 It is to do it.
  • 「過去時制 + 未然相」 It was to do it.
  • 「現在時制 + 進行相」 She is doing it.
  • 「過去時制 + 進行相」 She was doing it.
  • 「現在時制 + 完了相」 He is gone. / He has done it. 
  • 「過去時制 + 完了相」 He was gone. / He had done it. 

*have + 過去分詞は「例外ルール」ですが一般的な用法なので紹介します。

be動詞 + to do(未然相)は一般に「be to 構文」として解説されています。

では本格的に「相 aspect」に進めていきましょう。

「相 aspect」はラテン語・エスペラント語から学ぶ

日本の英語教育では「相 aspect 」はあまり目にしません。

英語には「相 aspect」が存在するので、参考にラテン語とエスペラント語を参考にしてみます。

ラテン語 Latin 】
古代ローマの言葉。
近代までヨーロッパの公用語で、いまでも学術用語、法律用語で使われています。
【 エスペラント語 Esperanto 】
世界の人々が平等に使えるようにつくられた人工語。
文法が整然とした構造になっていて、レゴブロックを組み立てるように文が作れます。

不思議なことに「相 aspect」はラテン語とエスペラント語をつかうとよくわかります。

未然・進行・完了分詞:英語・ラテン語・エスペラント語
未然・進行・完了分詞:英語・ラテン語・エスペラント語

このように「分詞」は「動詞の変化形(準動詞 non-finite verb)」で「相 aspect」を表します。

未然相 prospective aspect
  • 不定詞(英語)”to do / to be / to have”
  • 未来分詞(ラテン語)
  • 未然分詞(エスペラント語) 
進行相 progressive aspect
  • 現在分詞(英語) “doing / being / having”
  • 現在分詞(ラテン語)
  • 進行分詞(エスペラント語)
完了相 perfect aspect」
  • 過去分詞(英語)”done / been / had”
  • 完了分詞(ラテン語)
  • 完了分詞(エスペラント語)

こうしてみると「過去分詞」が「完了相」をもつのがよくわかると思います。 

【 完了を理解するポイント 】

①「完了」は「相 aspect」の仲間
②「完了相」は「未然相」「進行相」と使い分ける
「完了(相 aspect)」は「過去(時制 tense)」と使い分ける

完了は「相 aspect」ですので、過去「時制 tense」と一緒にしてはいけません。

ここまでで過去分詞が「完了相 perfect aspect」をもつこともわかりました。

次に過去分詞の「受動態 passive voice」を見ていきます。

英語で「受動態」を作れるのは過去分詞だけ

過去分詞は「受動態」をもちます。

では「態 voice」をざっくり解説します。 

・態(voice)とは何か?

「主語(S)と目的語(O)の関係が『する』のか『される』のかを区別する文法用語」

日本語の能動態・受動態
  • 能動態(する): 私は 書いた この小説を。
  • 受動態(される):この小説は 書かれた 私によって。
英語の能動態・受動態
  • 能動態(する): I wrote this novel.
  • 受動態(される):This novel was written (by me).

態は「主語 ⇔ 目的語」「する vs される」という関係性を示します。

つまり過去分詞に受動態を発動させるには「目的語」が存在する必要があります。

この「目的語」をとることを「能動態」と言います。

目的語をとる=能動態を作れる動詞を「他動詞」といいます。

英語の「受動態」は「他動詞の過去分詞」だけにセットされています。

しかし受動態は「目的語」を持たない動詞の過去分詞には発動できません。

英語の「能動態」と「受動態」は目的語がある前提で存在しています。

英文法の「態 Voice」から確認されたい方はこちらをどうぞ。

ヨーロッパ系の言語の「過去分詞」はみんな似ている

過去分詞が「受動態 passive voice」を持つ理由はどこから来たのでしょうか?

これまた歴史的に「過去分詞」に昔からセットされているんです。

英語やラテン語、ヒンズー語、ペルシャ語を含む言語のグループにインド・ヨーロッパ語族(Indo-European Languages)があります。

このインド・ヨーロッパ語族の「過去分詞」は「受動態 passive voice」を発動できるんです。

英語だけでなくラテン語でも同じなので、図を見ていきましょう。

英語の不定詞・現在分詞・過去分詞の「相 aspect」と「態 voice」
英語の不定詞・現在分詞・過去分詞の「相 aspect」と「態 voice」

英語の過去分詞には「完了相」と「受動態」がセットされています。

ラテン語でも同じように完了分詞に「完了相」と「受動態」がセットされています。

ラテン語の未来分詞・現在分詞・完了分詞の「相 aspect」と「態 voice」
ラテン語の未来分詞・現在分詞・完了分詞の「相 aspect」と「態 voice」

分詞には「相 aspect」「態 voice」の両方がセットされています。

  • 現在分詞:能動態 + 進行相(doing / speaking など)
  • 過去分詞:受動態 + 完了相(done / spoken など)

ラテン語などと違って、英語は「未来分詞」の代わりに「不定詞(to do)」を使います。

分詞を覚えるときは、ついでに「未然相 prospective aspect」も覚えておくと便利です。

  • 不定詞(未来分詞):能動態 + 未然相(to do / to speak など)

では「過去分詞」の例文をみていきましょう。

【 現在時制 + 受動態・完了相 】

  • The project is completed.
  • この計画は(現時点で)完成させられた。

【 過去時制 + 受動態・完了相 】

  •  The project was completed.
  • この計画は(過去の時点で)完成させられた。

どちらも時制と関係なく「相+態」を表現しています。

動詞と過去分詞:品詞・機能・時制・相
動詞と過去分詞:品詞・機能・時制・相
【 動語 V 】
動詞 verb の「文の要素」としての機能を表現するオリジナル用語です。
一般的には「述語動詞」と呼ばれますが「主語」「目的語」などと統一して「動語 Verb」使っています。

過去分詞は「動詞の機能」を一部だけ発動することができます。

  • 品詞 = 形容詞(動詞ではなくなる)
  • 機能 = 動語 V(五文型の構造を引き継ぐ)

ここが「形容詞」と「過去分詞」が大きく違うところです。

そういうわけで「完了 & 受動」という「行動」を意味することが可能になります。

次に過去分詞を文法的に正しく使うため「形容詞」の 「使用ルール」を再確認します。

過去分詞は形容詞と同じように使える

英文法用語の「分詞 participle」の意味が「動詞を形容詞として使う品詞」です。

それゆえ過去分詞の使用ルールは「形容詞」に合わせて使います。

では形容詞の使用ルールを確認します。

① 名詞を説明する(限定用法 Attributive)
  • 名詞の前から(前置修飾 Pre-positional)
  • 名詞の後ろから(後置修飾 Post-positional)
② 補語 C になる(叙述用法 Predicative)
  • SVC(第2文型の補語 Complement)
  • SVOC(第5文型の補語 Complement) 

では図を見て確認します。

形容詞の使用ルール「名詞を説明(限定用法)」と「補語 C になる(叙述用法)」
形容詞の使用ルール「名詞を説明(限定用法)」と「補語 C になる(叙述用法)」

形容詞の使うところは全部で4パターンあります。

このように「過去分詞」も基本は4パターンで運用することになります。

過去分詞にはもう少し広い役割がありますが、基本は形容詞と同じ使い方でOKです。

過去分詞で「名詞を説明」する(限定用法)

まずは「名詞を説明する(限定用法)」で過去分詞と形容詞を並べて例文をみていきます。

名詞を前から説明
  • ① He is an innocent man.(形容詞 innocent)
  • ① 彼は = 一人の無実の男性
  • ② He is a convicted man.(過去分詞 convicted)
  • ② 彼は = 一人の有罪とされた男性
名詞を後ろから説明
  • ③ She attacked someone innocent.(形容詞 innocent)
  • ③ 彼女は 攻撃した 誰かを ← 無実の
  • ④ She defended someone convicted.(過去分詞 convicted)
  • ④ 彼女は 擁護した 誰かを ← 有罪とされた
原則、形容詞にできることは過去分詞にもできます。

注意として「後ろから説明(後置修飾)」は日本語にないので感覚がつかみにくいです。

過去分詞を「補語 C」に入れる(叙述用法)

では次に「補語 C」でつかうパターンをみていきましょう。

【 SVC 第2文型 】  

  • ① He is guilty.(形容詞 guilty)
  • ① 彼は = 有罪
  • ② He is arrested.(過去分詞 arrested)
  • ② 彼は = 逮捕された

【 SVOC 第5文型 】  

  • ③ I found him guilty.(形容詞 guilty)
  • ③ 私は 分かった 彼が 有罪
  • ④ I found him arrested.(過去分詞 arrested)
  • ④ 私は 分かった 彼が 逮捕された

形容詞とまったく同じように過去分詞も使えます。

形容詞の使用ルールに合わせて過去分詞を使用すればOKです。

「受動態」と「完了相」のどちらが重要か?

過去分詞は「受動態」と「完了相」の二つの意味を持っています。

過去分詞を理解する際は、どちらかだけに限定できるわけではありません。

実際に日本語の「~された」も同じ感じです。

  • (誰かに)~された(受動態)
  • (もうすでに)~された(完了相)

では例文を見ていきましょう。

【 受動態が中心 】

  • The task is completed by him.
  • そのタスクは = 完成された 彼によって

【 完了相が中心 】

  • The task is completed by its due date.
  • そのタスクは = 完成された 期限の日までに

この2つの意味が自然に含まれていますよね?

日本の文法書の解釈では「be動詞 + 過去分詞は受身!」と意味を分離しているものが多いです。

しかし、実際の英語ではそのあたりは文脈依存です。片方の意味だけ切りわけるほうが困難です。

では、さらに無理して先ほどの2つの例文を結合してみます。

【 完了相 & 受動態 】

  • The task is completed by him by its due date. 
  • そのタスクは = 完成された 彼により 期限の日までに。」

さてこの文章では「受動態完了相」どちらが優先なのでしょうか?

「受動態」と「完了相」のどちらが主軸になるかは、過去分詞以外の表現に頼っています。

ここでは和訳を「~された」を基本として和訳しています。

もちろん受動態の意味だけをとらえて「~される」と訳したほうがいい場合もあります。

そのあたりは文脈や状況にあわせて適切に対応してください。

「態 voice」と「相 aspect」は過去分詞だけでなく不定詞現在分詞もセットされています。

下のまとめの解説図が参考になるかと思います。

英語の不定詞・現在分詞・過去分詞の「相 aspect」と「態 voice」
英語の不定詞・現在分詞・過去分詞の「相 aspect」と「態 voice」

過去分詞は「完了相」と「受動態」をもつ形容詞です。

いつも両方の意味を把握するようにしておいてください。

自動詞の過去分詞は「完了相」のみ発動

受動態をつくれるのは他動詞の過去分詞だけです。

最後に「自動詞の過去分詞」の例文を少し確認します。 

【 自動詞の過去分詞 】

  • 自動詞の過去分詞は「受動態」を発動できない
  • 自動詞の過去分詞は「完了相」を発動できる

では例文をみていきます。

  • ① The bridge falls.
  • ② The bridge is fallen.(橋は落ちてしまった)
  • ③ He goes.
  • ④ He is gone.(彼はどこかにいってしまった)

自動詞の過去分詞は単純に「完了相の形容詞」として理解すればよいです。

最近の英語では「自動詞の過去分詞」は完全に形容詞になってきています。

形だけをみたら「過去分詞」なので「受動態」と切り離してください。

(SVCの過去分詞はかなりやっかいなので、ここでは割愛します)

現在完了(have + 過去分詞)のナゾも受動態と完了相で解決!

受動態の文法は一見すこしトリッキーなものも存在しています。

次のブログではいろいろな受動態の文法構造を解説しています。

英語の「have + 過去分詞」が「現在完了」となるのは「例外ルール」でした。

次のブログで「have + 過去分詞」がうまれた理由と「現在完了」の正体を解説しています。

Copied title and URL