過去分詞の意味・品詞・文法用語の由来を解説

Phrase-past-participle-etymology 英文法の仕組み

過去分詞は「過去 past」とありますが「過去時制」や「過去の時間」とは無関係です。

また過去分詞は「完了 perfect」と関係があります。

「過去」と「完了」は似ているのですが、英語では全く別物になります。

「過去分詞」は誤解を招きやすい文法用語なのでしっかりと「意味」と「用語の由来」を見ていきましょう。

「過去形」の動詞と同じ形をした分詞だから「過去分詞」

過去分詞の用語を「過去」+「分詞」にわけて説明します。

まずは「過去」の由来からスタートします。

Q. なぜ「過去」分詞って呼ばれているの?

A. 動詞の「過去形」と同じ形している「分詞」だから。

(例)talk – talked – talked (現在形 – 過去形 – 過去分詞形)

実際に英語の Wikipedia から「過去分詞」の命名の経緯を引用します。

“The linguistic term, past participle, was coined circa 1798 based on its participial form, whose morphology equates to the regular form of preterite verbs. The term, present participle, was first used circa 1864 to facilitate grammatical distinctions.”

『言語学用語としての過去分詞は、過去時制の動詞の規則変化形と同じ形であることを理由として1798年頃につくられた。また現在分詞という用語は、過去分詞との文法上の区別を容易にするために1864年頃に最初に使用された。』

Participle – Wikipedia

過去分詞の過去というのは「時制 tense」ではなく形 form(見た目)」のことです。

さきほどの例のように「talk – talked – talked」のように同じ形をしているというだけなんです。

よくある勘違いをここで再確認しておきます。

動詞の過去形と同じ形をしているから「過去」分詞
過去の時間や時制と関係しているから「過去」分詞

過去分詞の機能に「完了相」を発動するというものがあります。

完了は「相 Aspect」といって「行動の進行度」を表現します。

英語の過去は「時制」のカテゴリーとなり、「相」とは別物になるのでご注意ください(後述します)

分詞(Participle)とは動詞が変化した形容詞

次に「分詞」の意味に進みます。

分詞 Participle
  • 動詞を変化させた形容詞(adjective)
  • 動詞の変化形(準動詞)の品詞は動詞ではなくなる
分詞の種類
  • 現在分詞(Present Participle) doing /  helping / speaking / sleeping など
  • 過去分詞(Past Participle) done / helped / spoken / slept など
分詞の名前の由来

ラテン語の「分詞」が動詞と形容詞と副詞の役割を「共有」していたことが由来です。

では Wikipedia の引用を見てみましょう。

“The word participle comes from classical Latin participium, from particeps ‘sharing, participation‘, because it shares certain properties of verbs, adjectives, and adverbs. The Latin grammatical term is a calque of the Greek grammatical term μετοχή ‘participation, participle’.”

『英語の「participle(分詞)」は、動詞、形容詞、副詞の特性を共有していることから、古典ラテン語の「particeps(共有、参加)」という用語に由来します。 このラテン語の文法用語は、ギリシャ語の文法用語「μετοχή’(共有)」から翻訳されたものです。』

Participle – Wikipedia
分詞の役割

英語の「分詞」は動詞としての性質を持つ「形容詞」のことです。

では Wikipedia の引用を見てみましょう。

“In linguistics, a participle is a nonfinite verb form that has some of the characteristics and functions of both verbs and adjectives. More narrowly, participle has been defined as ’a word derived from a verb and used as an adjective, as in a laughing face’.”

『言語学において分詞は、動詞と形容詞の特徴と機能をいくつか合わせもつ動詞の変化形のことです。より狭義では、分詞は「動詞から派生し形容詞として使用される単語」と定義されています。(例) a laughing face 』

Participle – Wikipedia

*nonfinite verb(準動詞)= 動詞の変化形のこと(文法上は動詞として使えない)

ここでもよくある勘違いを確認しておきます。

過去分詞は動詞の変化した形容詞
be動詞 + 過去分詞は受動態

受動態は過去分詞にセットされている機能の一部です。

be動詞がなくても「受動態」を発動させることは可能です(後述します) 

過去分詞は「動詞を変化させた形容詞」なのでもう動詞として使えません。

過去分詞は「形容詞」の使用ルールに従うことで正しく使うことができます。

分詞は形容詞なので時制とは関係ない

「過去分詞」は「過去時制 past tense」とは無関係になります。

現在分詞も同じく「分詞 participle」であり、「時間 time」や「時制 tense」とは無関係となります。

英語の場合、動詞(と助動詞)が時制を表現します。 

  • ① This is done.(現在時制)
  • ② This was done. (過去時制)
  • ③ This looks finished.(現在時制)
  • ④ This looked finished.(過去時制)

これらは、すべて第2文型(SVC)です。

done も finished も「過去分詞」なので形容詞の扱いです。

こういった①②ケースの be動詞は「助動詞 auxiliary verb」とも呼ばれています。

過去分詞は形容詞(動詞として使用不可)なので「補する動詞」として be動詞が使われます。

一般に助動詞と呼ばれる will や can は「法助動詞 modal verb」といって別カテゴリーになります。

普通に何も考えず be動詞でも一般動詞 look や get でも同じように運用できます。

  • ⑤ He was attacked by a wild animal.
  • ⑥ He got attacked by a wild animal.

どちらも過去時制の was と got をもつ第2文型 SVC です。

現在分詞や過去分詞は分詞(動詞の変化形 = 準動詞)になります。

分詞は動詞の機能を持ちますが、品詞は「形容詞」なので動詞のサポート」が必要です。

過去分詞と同じように使うものに「現在分詞」があります。

「現在分詞 Present Participle」のことも知りたい方はこちらをどうぞ。

過去分詞の機能は「完了相」と「受動態」を発動すること

過去分詞の応用についてのブログもありますのでご覧ください。

Copied title and URL