古英語っぽい FF12 和訳と文法解説(死の天使ザルエラ編)

Zalera, the Death Seraph / 死の天使ザルエラ 英語をゲームで学ぼう

この記事は個別の文法解説のブログになります。

ほかの記事もご覧になりたい方は次のブログもどうぞ。

Zalera, the Death Seraph / 死の天使ザルエラ

Ultimate Attack: Condemnation / ディバインデス

“Heretic scion who wrapped the world in dark energies, seeking to take the souls of all living things unto himself. Created in opposition to Emet-Selch, Angel of Truth, and scion of light. Originally tasked with the judging of men upon their deaths, his soul was tainted by the curses of those who raged against the heavens, and seizing one of the gods’ servants, a shamaness, as a hostage, he rebelled against his creators. Even now, in defeat, he clutches the shamaness to him in his right arm, and with the aid of her death-wail does he summon the soul of darkness to do his bidding.”

「世界を暗黒の力でおおい尽くし、生けるものすべての魂を奪い去る異端の異形者。光の異形者、真理の天使エメトセルクとは対なる存在。元は人の死後を審判する判事として神に創られたが、天を呪う者たちに魂を侵されてしまい、神に仕える巫女を人質にとり反旗を翻した。神に敗れ封印された現在でも、その右腕には巫女の体が抱き抱えられており、彼女の断末魔と共に暗黒の魂を呼び起こす。」

英単語・英語表現の解説

・seraph: 熾天使(してんし)

天使にも階級があり、その最上位です。複数形は seraphim です。

天使の階級は celestial hierarchy といいます。

・condemnation: 罪の宣告、断罪 

ディバイン・デス(Divine Death)の英訳(?)です。divine は「神聖な」という意味ですので、善悪二元論のキリスト教的概念を強く持つ英語では違和感があるのでしょうか?

日本の「神」は善悪関係なく「大いなる力」を持ちます。同じ神様でも「和魂」と「荒魂」といって2つのモードが存在します。自然の猛威と自然の恵み。どちらも自然の偉大さから生まれるものです。

外国人と話していると日本人の自然災害に対する受け止め方が「非常に冷静だ」と驚かれます。私は個人的な意見として「自然災害は人間の悪行に対する天罰ではなく、それも自然(神様)のスケールの大きさの一部だと日本人は受け止めているのでは?」と伝えることにしています。

・heretic: 異端者

異端者とは「正統とされる教えから逸脱した教義を信じる者」という意味です。外敵というよりは、キリスト教会内部の権力闘争の際に使われた言葉です。異端審問(Inquisition)という拷問による自白強要を前提とする裁判を通した思想統制も行われていました。

魔女狩り(witch hunt)も似たような発想で行われていましたが、拷問で自白させて処刑すればよいので、金持ちユダヤ人などから財産没収(借金帳消し)のために散々行われました。

・unto:~へ

古語の前置詞で「to 」とほぼ同じ意味です。

・scion of light:光の異形者

名詞 scion:名族の子孫

shamaness:巫女 

shaman の女性形「-ess」がついた形。

wail:泣き叫ぶ、嘆き 

ここでは death-wail は「断末魔の叫び」となっていますが、故人を悼んで泣くことも death wail というようです。

中国の文化では、故人を悼んであえてお葬式で大声を泣くところもあるそうです。

英文の解説

英文 ①

Heretic scion who wrapped the world in dark energies, seeking to take the souls of all living things unto himself.”

この文は「名詞句」です。(Zalera the Death Seraph is…)につながる形として名詞句と考えるとよいと思います。

・seeking:~を求めて

現在分詞 seeking を使った分詞構文 

英文 ②

Created in opposition to Emet-Selch, Angel of Truth, and scion of light.

ここも文章ではなく、前の内容を追加で説明する副詞句です。

英文 ③

Originally tasked with the judging of men upon their deaths, his soul was tainted by the curses of those who raged against the heavens, and seizing one of the gods’ servantsa shamaness, as a hostage, he rebelled against his creators.

とんでもなく長い文ですが、ちゃんと文法のしっかりした文章です。

基本の形は “his soul was tainted” と “he rebelled” が接続詞 and でつながった2文構成です。

Originally tasked with:もともと~を課されていて

過去分詞 tasked をつかった分詞構文。

・the judging of men upon their deaths: 人々の死に際して、彼らを裁くこと

men は一般的に「人間」という意味です。

・seizing:とらえて

現在分詞 seizing をつかった分詞構文。

・one of the gods’ servants, a shamaness: 神々に仕える者たちの一人である巫女

gods’ servant が「god’s 神の」ではなく「gods’ 神々の」であることに注意。

所有格の「’s」は単数用法であり、複数の場合は「~s’」になります。

a shamaness は同じ内容の名詞を並べて追加説明になります(同格 apposition)

英文 ④

Even now, in defeat, he clutches the shamaness to him in his right arm, and with the aid of her death-wail does he summon the soul of darkness to do his bidding.

基本構造は “he clutches the shamaness” と “does he summon the soul” を接続詞 and でつないだ2文構成です。

・does he summon:彼は~を呼び出す 

with 以下のフレーズが文頭に来て does he summon が倒置になっています。

本来は he summons the soul ~ の形。

to do his bidding:彼の命令通りになるように

ここは不定詞のつくる to do his bidding です。

do one’s bidding で「○○の命令通りに~する」という意味のフレーズになります。

Copied title and URL